GUIDE

診療案内

目の病気

紫外線による目の病気

紫外線による目の病気

紫外線 目の病気

春先から夏にかけて急激に増える紫外線。紫外線というと「お肌の大敵」というイメージがありますが、以下のような目の病気も引き起こします。

白内障

紫外線は水晶体に吸収されタンパク質の濁りを引き起こし、白内障を進行させます。赤道に近い地域では白内障にかかる人の割合が増えるのはこのためです。

瞼裂斑

黒目の横の白目をよくみると黄色く盛り上がっていることがあります。これは瞼裂斑(けんれつはん)と呼ばれるもので、紫外線が原因の一つと言われています。

翼状片(よくじょうへん)

白目を覆っている結膜という薄い膜が、黒目(角膜)の方に侵入してくる病気です。翼のような形をしているので翼状片と呼ばれます。紫外線が原因と言われています。

加齢黄斑変性

「物がゆがむ」等の症状を引き起こす網膜の病気です。紫外線によるダメージが蓄積することが発症原因の一つとして考えられています。

紫外線を避けるために

「帽子」と「サングラス」、「日傘」の3点セットを使いましょう。3つ全てを併用すると、目に入る紫外線量は90パーセント減少させることができると言われています。

ちなみに意外と勘違いしているサングラスの選び方、「色の濃いものの方がよい」と思っていませんか?実は色の濃すぎるものだと、瞳孔が開いてしまい、目の中に入る紫外線が増えてしまうと言われています。紫外線透過率が低いもので、色は薄めのサングラスがおススメです。

紫外線から目をしっかり守って、目の病気を防ぎましょう。

本八幡の眼科 津田眼科医院

〒272-0021
千葉県市川市八幡4-4-7 シュラインサイドビル202※駐輪場がございますのでご活用ください。

電車でお越しの方
京成電鉄京成八幡駅より徒歩1分、
都営新宿線本八幡駅より徒歩3分、
JR本八幡駅より徒歩5分
お車でお越しの方
京葉道路「市川IC」から 1.5km