GUIDE

診療案内

目の病気

閃輝暗点(せんきあんてん)症

閃輝暗点症とは?

典型的な閃輝暗点は、視野の中にギザギザとした光が見えてそれが拡大していきます。それが15分~20分程度続いた後、光は見えなくなります。その後、ズキズキとした頭痛が始まります。ただし、頭痛を伴わないことも少なくありません。また光の見え方も「キラキラして見える」「視野の一部が暗く見える」など様々です。比較的若い女性に多い疾患と言われています。

検査は必要?

目の病気が原因の場合もありますので、眼科でのチェックは必要です。その際は散瞳(瞳を開く)検査が必要になる可能性がありますので、お車やバイクでの来院は避けてください。高齢の方で閃輝暗点症が起こる場合は、脳梗塞や脳腫瘍といった病気が隠れている場合もあります。繰り返す際には、念のために脳神経外科の受診をおすすめします。

原因と予防は?

閃輝暗点症は、脳の視覚をつかさどる部位の血管が収縮し、血流が一時的に減少するために起こると考えられています。喫煙やアルコール、チョコレートなどの摂取によって誘発されるとも言われています。思い当たることがあれば、避けるようにしましょう。ストレスをためないようにして、規則正しい生活をするとよいでしょう。

本八幡の眼科 津田眼科医院

〒272-0021
千葉県市川市八幡4-4-7 シュラインサイドビル202※駐輪場がございますのでご活用ください。

電車でお越しの方
京成電鉄京成八幡駅より徒歩1分、
都営新宿線本八幡駅より徒歩3分、
JR本八幡駅より徒歩5分
お車でお越しの方
京葉道路「市川IC」から 1.5km