NEWS & BLOG

お知らせ・ブログ

2022.06.12

散瞳(瞳をひらく)検査について

散瞳とは?

散瞳とは、目薬を使ってひとみ(瞳孔)を大きく広げることをさします。目薬をさして20分くらいすると、「光がまぶしい」「ピントが合いづらい」といった症状が出てきます。この症状はおおよそ4~5時間続きます。検査当日は車、バイク等の運転は避けるようにしてください。

また、点眼薬の効果の現れ方には個人差があり、何回か目薬を使わないと瞳が開かないこともあります。診療時間終了の1時間前(平日17時30分、土曜12時30分)までにご来院いただけますようお願いします。

何のために散瞳するの?

眼底(目の奥)をくまなく観察するためです。そのためには、目の窓にあたるひとみ(瞳孔)を大きく広げる必要があるのです。例えば、以下のような目的で行います。

飛蚊症光視症を自覚された方が網膜剥離などを発症していないか?

糖尿病の方が眼底出血を起こしていないか?

白内障がどの程度進行しているか?

加齢黄斑変性などがないか?

散瞳薬の副作用はないの?

まれですが、薬に対するアレルギー反応が起きることがあります。目がかゆく充血する、ゴロゴロするといった症状が数日続きます。過去にそのような症状が出たことがある方は、スタッフにお伝えいただけますようにお願いします。

本八幡の眼科 津田眼科医院

〒272-0021
千葉県市川市八幡4-4-7 シュラインサイドビル202※駐輪場がございますのでご活用ください。

電車でお越しの方
京成電鉄京成八幡駅より徒歩1分、
都営新宿線本八幡駅より徒歩3分、
JR本八幡駅より徒歩5分
お車でお越しの方
京葉道路「市川IC」から 1.5km