GUIDE

診療案内

目の病気

眼瞼下垂(まぶたが下がる)

眼瞼下垂とは?

上まぶたが下がることです。ふつうはまっすぐ前を見たとき、上まぶたは黒目(角膜)の上1/4程度をおおっています。眼瞼下垂では上まぶたが黒目の中央にある瞳(瞳孔)の領域までかかるようになります。

症状は「上の方が何となく見づらい」「重い感じがする」「目がかすむ」「しょぼしょぼする」など様々です。眼瞼下垂による見づらさを補うために、あごを上げてものを見たり、眉毛を上げることで上まぶたを引き上げるような習慣がついて、そのストレスで頭痛や肩こりを訴える方もいます。

眼瞼下垂の原因は?

眼瞼下垂の原因は下記のようなものがあります。特に急激に発症した眼瞼下垂は命に関わることもあるため要注意です。

‐加齢によるもの

最も多い原因です。まぶたを引き上げる筋肉が年齢とともに弱くなることが原因です。

‐ハードコンタクトレンズの長期装用によるもの

長年にわたってハードコンタクトレンズを装用してきた人などは、年齢が比較的若くても眼瞼下垂が起きることがあります。通常、両目ですが片目だけ下がることもあります。これは、ハードコンタクトレンズのつけ外しを毎日繰り返すことで、まぶたを上げる筋肉を傷めてしまうことが原因と言われています。コンタクトのつけ外しの際には、まぶたを強く引っ張ったりしないように優しく扱うことが予防になります。

※参考:コンタクトレンズと目の病気

‐脳の病気によるもの

脳腫瘍や脳動脈瘤等、糖尿病などによって、動眼神経と呼ばれる脳の神経が障害を受けると眼瞼下垂になります。特に急激に発症したもの、激しい頭痛がある、物がダブって見える等の症状を伴う場合は注意が必要です。脳の病気による眼瞼下垂は命に関わります。できるだけ早く脳外科を受診する必要があります。

※参考:糖尿病と目の病気

‐神経の疾患によるもの

「朝は大丈夫なのに、夕方になるとだんだんまぶたが下がってくる」というように1日の中で眼瞼下垂の程度が変化するときは「重症筋無力症」という神経の疾患を疑う必要があります。脳外科や神経内科での血液検査が必要です。

治療は?

加齢やコンタクトレンズが原因の眼瞼下垂を改善するためには、まぶたを縫い縮める手術が必要です。ただし、絶対に手術をしなければならないわけではありません。眼瞼下垂によってどれくらい不便を感じているか、歩行や運転などに危険を生じているかなど相談して手術するかどうか決めます。ご希望の場合には専門の施設にご紹介いたします。

本八幡の眼科 津田眼科医院

〒272-0021
千葉県市川市八幡4-4-7 シュラインサイドビル202※駐輪場がございますのでご活用ください。

電車でお越しの方
京成電鉄京成八幡駅より徒歩1分、
都営新宿線本八幡駅より徒歩3分、
JR本八幡駅より徒歩5分
お車でお越しの方
京葉道路「市川IC」から 1.5km