GUIDE

診療案内

目の病気

老眼

老眼とは?

ピントを合わせる力が衰えて、近くが見づらくなることです。40歳を超えたころから症状を自覚する方が増えていきます。では、なぜ老眼になるのでしょうか?目の中には水晶体と呼ばれるレンズがあります。若い時には、この水晶体はやわらかく弾力性がありその厚みを変えることで自由にピントを合わせてくれます。しかし、年齢を重ねるとともに、水晶体は硬く弾力性が失われ、厚みを変えることが難しくなっていきます。これが老眼の原因です。

老眼の症状は?

老眼

以下のような症状が代表的です。

‐目が疲れる(眼精疲労
‐夕方になるとかすむ
‐細かい字が見づらい
‐スマホやパソコン作業の後、遠くのものを見るとぼやける

老眼の対策を取らずに我慢していると、目の奥の痛み、光がまぶしく感じるといった症状も出ることがあります。肩こりや頭痛の原因であることも少なくありません。

老眼の診断は?

「近見視力」という検査をすることで診断可能です。ただし、ドライアイ白内障、眼底疾患など他の病気が隠れていることも少なくありませんから、眼鏡ショップにいきなり行くのではなく、眼科を受診することをおススメします。

老眼の対策は?

当院ではその方のライフスタイルを伺った上で、メガネの処方箋をお出しします。その処方箋をお好きな眼鏡店に持参していただくようにしています。もし、どこの眼鏡店に行ったらよいか迷う場合は、ご紹介することも可能ですのでお気軽にご相談ください。

院長より一言

老眼による見え方の異常では、目を休めることも大切です。仕事や読書の合間に、少し目を閉じたり、遠くのものを眺める、ストレッチをするなどリラックスする時間を作りましょう。

本八幡の眼科 津田眼科医院

 

関連する病気・症状

〒272-0021
千葉県市川市八幡4-4-7 シュラインサイドビル202※駐輪場がございますのでご活用ください。

電車でお越しの方
京成電鉄京成八幡駅より徒歩1分、
都営新宿線本八幡駅より徒歩3分、
JR本八幡駅より徒歩5分
お車でお越しの方
京葉道路「市川IC」から 1.5km