GUIDE

診療案内

目の病気

視神経乳頭陥凹

視神経乳頭陥凹とは?

眼底検査

健康診断や人間ドックで「視神経乳頭陥凹」と指摘されることがあります。これは「緑内障」という病気を疑う必要があります。視神経乳頭とは目の奥にある神経が集まっている部分のことで、視神経乳頭陥凹はそこの凹みが大きくなっている状態を指します。

もし視神経乳頭陥凹を指摘されたら、眼科を早めに受診するようにしましょう。特に近視が強い方や血縁者に緑内障の方がいる場合はリスクが上がります。

また、眼科を一度は受診して「問題なし」と言われても油断は禁物です。緑内障は進行性の病気で、現時点で問題がなくても、年齢が進むと発症しやすくなるからです。視神経乳頭陥凹がある場合、半年~1年に1回程度は定期検査を受けるようにしましょう。

緑内障とは?

緑内障はだんだん視野が狭くなり、最終的には視力を失う可能性がある病気です。大規模な調査によると、40歳以上の日本人の5%、60歳以上の約10%が緑内障にかかっていることが分かりました。緑内障は失明原因の1位でもあります。

また、初期の緑内障は、まったく自覚症状が出ません。自覚症状が出るようなレベルではすでに視野障害が深刻なレベルで進行していることが多いのです。さらに、いったん視野の障害が進んでしまうと、それを治す治療はありません。早めに発見して早めに治療を開始する必要があるのです。

緑内障について詳しくはこちらをご覧ください。

院長より一言

「視神経乳頭陥凹」は緑内障を発見するための重要な糸口です。もし指摘されたら、当院にご相談ください。

本八幡の眼科 津田眼科医院

〒272-0021
千葉県市川市八幡4-4-7 シュラインサイドビル202※駐輪場がございますのでご活用ください。

電車でお越しの方
京成電鉄京成八幡駅より徒歩1分、
都営新宿線本八幡駅より徒歩3分、
JR本八幡駅より徒歩5分
お車でお越しの方
京葉道路「市川IC」から 1.5km